幼児教室

幼児教室

子供の限りない未来を幼児教室で広げましょう!

ついてる通販 > 幼児教室

幼児教室 1才から

 赤ちゃんの五感はお母さんのお中にいる時から育っています。

 生まれ出てからは泣いてばかりいるようでも、その脳みそや感情、視覚聴覚感覚は、日夜フル回転で成長を続けています。私たち大人が使い古しのコンピューターであるとすれば、赤ちゃんの脳はピカピカで強力なメモリーを備えたCPU。目の前のすべてが新しい経験で、あらゆる事がポジティブに吸収され、何もかもが楽しいことだらけなのです。

 脳の構造は幼児期に90%できあがるといいます。

 よく「ものごとの核心」と言いますが、じつは、脳の中にこの「核心」があり、それが育ち完成するのが8才くらいまで。つまり、この時期の教育がその人間形成の根本になるわけです。この成長期に幼児教室で学ばせることは、その子が将来どれだけ羽根を広げられるかの基礎を作ることにもなり、親がそうした教室に連れて行くことでその子の将来の扉をいくつも用意してあげることにもなります。0歳児からでもいいですが、その時期はむしろママとのスキンシップを大事にしてあげて、1歳からのコースがおすすめです。

幼児教室 評判

 まだまだ認知度が低いとはいえ、幼児教室は都会を中心に全国に多数ありますね。通うのにあまり遠いと、親である自分が面倒になって結局はいかなくなるので、できれば近場で、長く通えそうな教室を検討しましょう。

 評判のいい教室はというと、ちょっと高いですが『ベビーパーク』。知的能力だけではなく、運動能力も高め、手先の器用さ、社会性までを育てる乳幼児親子教室です。1人ひとりの発達のタイミングに合わせた教育を肌で感じることができます。毎日の育児や教育がより充実したものになりそう。

 授業料が安めな『どんちゃか幼児教室』も評判いいです。五感をフル回転できるよう「聞く力」や「リズム」「色」「形」を知覚し、のびのび表現できる幼児教室。集中力や運動能力もくりかえし鍛えられます。6〜10名の少人数クラスで先生が2名ずついるので、細かいところまで目が届きます。

⇒ ⇒ 駅から近い!どんちゃか幼児教室

幼児教育 英語

 生まれて言葉を発するまで、子供によって数ヶ月から1年以上かかるわけですが、その間、赤ちゃんは周囲の言葉をすべて脳内情報として取り込んでいます。そのインプットが、通常は1言語でなされるので、わたしたち日本環境で生まれた人間は日本語を話すようになるわけです。パパとママの言語が違う環境で育つと、幼児は両方理解し、どちらも話せるようになります。

 たとえば、アフリカの部族などは、両親の祖父母がすべて別の言葉、という環境で育つと、自然と4ヶ国語を話せるようになるといいます。そこに混乱もないのは、幼児期に言語情報と音がインプットされているからです。下手に頭脳が形成されてから、「理論立てて」学習するより、数十倍も楽な教育法であることは確かですね。

⇒ ⇒ NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材  

幼児教室 トップへ戻る